教員のための アカデミックハラスメント防止研修 〔ハラスメント〕

 

受講対象者

教員 

標準時間

1時間30分

研修のねらい

・アカデミックハラスメントは主に大学などの教育・研究機関におけるハラスメントを指し、セクハラ、パワハラの大学版、研究室版とも言われています。

・教員や研究者は比較的個人の裁量が大きく、学生との立場や年齢の差があること、また大学や研究機関は密室となりやすいこともありハラスメントが発生しやすいとも言えます。
 
・実際に大学や研究機関で起きた事例を紹介しながら、何が問題だったのか、どうすればよかったのかを考えることによって、アカデミックハラスメントへの理解を深めていただきます。
 
 

研修概要

 

項目

概要

1

アカデミック・ハラスメントの現状

<ワーク>これってアカハラ?
・最近のアカハラ問題の特徴
・アカハラ問題の影響の実態 等

2

アカデミック・ハラスメントの理解

・アカハラの実態
・アカハラとは
・アカハラ判断の目安
<ワーク>アカハラのケース
(何が問題か、予防策は) 等

3

アカデミック・ハラスメント防止のために

・アカハラの背景
・アカハラを起こさないためのコミュニケーションのヒント
・当事者間のギャップの理解
・きき方のヒント
・伝え方のヒント
・ノンバーバルコミュニケーションの重要性 等

サービスに関するお問い合わせ、ご質問等はお問い合わせページよりご連絡ください。

お問い合わせはこちら

人事評価・ハラスメント・労務管理コース